AmpegLogo spacer AmpegIcon

主な仕様

低域ドライバー: 6 x 10”
ボイス・コイル: 2”
マグネット重量: 各0.9kg
高域ドライバー: ホーン・ドライバー
ボイス・コイル: 1”
マグネット重量: 各0.2kg
定格入力: 600W
周波数特性(-3dB): 53Hz-18kHz
最低共振周波数(-10dB): 42Hz
公称インピーダンス:
感度: 98dB
最大出力音圧レベル: 125dB
寸法(W x H x D cm): 61×101.6×40.6
梱包重量: 61.2kg
本体重量: 49.9kg


SVT-610HLFベース・エンクロージャー
一挙両得

これは、深みのあるタイトな低域とクリアで解像度の高いトップエンドの両方を求めるベース・プレイヤーのためのスピーカー・キャビネットです。SVT-610HLFは、すさまじい量の空気を揺るがす6基の10”スピーカーにより、重厚なベース・サウンドを提供します。SVT-610HLFと同等の空気を揺るがしたければ、18”が3基あるいは15”が4基必要でしょう! もっとも、それらのスピーカーではこの10“のような素早い音の立ち上がりには対抗できないでしょうけれど。 さらにSVT-610HLFは、5kHzでクロス・オーバーするよう設計された1”ホーン・ドライバーにより、とびきり上等な高域をもたらします。これは、強大なパワーと真のハイファイ・サウンドを追い求める、現代の多弦ベース・プレイヤーにとって理想のスピーカー・エンクロージャーなのです。

  • ティルトバック・ハンドル・バー
  • 1/4”ジャックとNeutrikスピコン・ジャック
  • 可変高域“L-Pad”
  • ポプラ・プライ
  • 3”キャスター

このサイトについて | プライバシーポリシー
© Yamaha Music Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.