Ampeg Heritage 50th Anniversary SVT

業界標準のオールチューブ・ベース・アンプ
(近日発売)

SVT®は単なるベースアンプではありません — 革命を起こしたのです。SVTがデビューした1969年当時、耳をつんざくようなギターアンプのフルスタックの壁が、ベース・プレイヤーたちを丸飲みにしようとしていました。ベースの音量を上げるには強大なパワーが必要だと気づいたAmpegは、当時としてはもっとも洗練されたアンプを作り上げました。それが300WのSVTです。ようやくステージには均衡が戻り、さらにベースがフィーチャーされた音楽の時代が到来するという、象徴的なできごとも起こりました。Ampegのこのような特異なまでの革新性と創意工夫のスピリットは、HeritageTM 50th Anniversary SVTにも存分に息づいています。SVTのたぐいまれな功績をたたえるためにデザインされたHeritage 50th Anniversary SVTは、数々の伝説的なアンプの中でも特に賞賛された回路をヘッドアンプに搭載し、必須となる最新テクノロジーとエレガントなビンテージの美学が同時に注ぎ込まれています。それはまさに、21世紀のSVTといえるでしょう。

  • 1969年の“ブルーライン”と1970年代中盤のMagnavox時代の回路がひとつのアンプに
  • 耐久性の高い高品質なコンポーネントを使用してアメリカでハンドメイド
  • 精細に再現されたグラフィックとフォント
  • XLR DIアウトプット、ユーザー・バイアス調整、スピコン・アウトプット、スプリング式サイドハンドルなどのモダンな仕様を追加
  • マッチングされた特注のAmpeg Super ValveTM 6550真空管を採用
  • リイシューではない — 現代における究極のSVT

それはあなたが求めていたもの


マニアックなアマチュアから優れたプロフェッショナルまで、Ampeg SVTほど熱心なファンを持つアンプはありません。この新たなSVTのために、Ampegはロイヤル・カスタマーたちへ調査を実施し、彼らの願いを叶え、さらにそれを超える設計になっているかを確認しました。それぞれの世代のSVTにそれぞれの熱烈なファンがいますが、Ampegは最も眼識のあるSVTマニアを満足させるべく、Heritage 50th Anniversary SVTをデザインしました。これは誰もが求めていたSVTなのです。

仕様


プリアンプ真空管: Premium JJ (5 x 12AX7)
ドライバー真空管: Premium JJ (1 x 12AX7, 2 x 12AU7)
パワーアンプ真空管: Ampeg Super Valve (6 x 6550)
出力: 300W RMS minimum continuous @ <5% THD into @ 2 or 4
S/N比: (20 Hz – 20 kHz) 75 75 dB (20 Hz - 20 kHz)
最大Gain: 78 dB @ 1 kHz –3 dB @ 20 Hz & 15 kHz
トーンコントロール
チャンネル 1: オリジナル1969 "Blue Line" SVTを再現したボイシング(ジャンプ可能)
チャンネル 2: Voiced after mid 70's Magnavox era SVT (jumpable)
Bass: +12/-12 dB @ 40 Hz
Midrange: +10/-20 dB @ 220 Hz, 450 Hz, 800 Hz, 1.6 kHz, or 3 kHz
Treble: +15/–20 dB @ 4 kHz
Ultra Lo: +2 dB @ 40 Hz, -10 dB @ 500 Hz
Ultra Hi: +9 dB @ 8 kHz

推奨キャビネット


Heritage HSVT-810E(グリルは810AV)
Classic SVT-810AV
Classic SVT-212AV
Classic SVT-112AV